スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島内見学♪

モンサンミッシェルの昼食の後、島内の見学

P1000311_convert_20110113233005.jpg  P1000315_convert_20110113233119.jpg  

P1000316_convert_20110113233207.jpg
上にあるのはガーゴイル!樋の役割を果たしている。

P1000318_convert_20110113233312.jpg  P1000319_convert_20110113233404.jpg  P1000320_convert_20110113233457.jpg
島のむき出しの岩      水道

P1000322_convert_20110113233650.jpg  P1000324_convert_20110113233756.jpg  P1000325_convert_20110113233835.jpg
島のテラスから見渡した海              尖塔の上にSt.Michelの像


P1000326_convert_20110113234031.jpg  P1000327_convert_20110113234108.jpg
                 雨の合間に海にかかった虹


雨が降ったりやんだりの不安定な天候の中
雨の合間に撮った写真

え・・・っと、昼食の前か、昼食の後か、忘れちゃったけど(たぶん前)
(誰か、覚えてたら教えて!)
ホテルのロビーに余分な荷物を預けてからの見学だったの

当日は、島内に泊まるからトランクは届けてもらえるけど
手荷物は全部持って来てたから持って見学は困ったからね!

冬ということで、観光客もそんなに多くなくて、楽に見学ができたわ!
お盆のころに義妹の一家が来たんだけど、めちゃくちゃ混んでて
満員電車のようだったって言ってたわ


この島は聖なる島だから、一切岩を削らずに建物を建てたので
建物自体が山の形になっているの
道も細くて曲がりくねったり階段になったり

ところどころ、島の岩が剥き出しのところがあったり

下のほうは村になってて、上のほうが修道院になってる

テラスから海を見渡していたら、雨が上がって光が差してきて
大きな虹が架かってきたの!

海の上に虹の橋
写真だときれいに写ってないけど大きくてきれいだったよ!

雨は、結構食事中や建物の内部にいるときに激しく振ってたけど
外にいるときは、やんでたり、激しくなかったりで、助かったわ!
St.Michelのご加護だったかしら?

スポンサーサイト

モンサンミッシェルの昼食

ロワールの古城ホテルを出発!
3日目はモンサンミッシェルへ
かなり遠くて、朝8時に出発して、半日掛りだった!

ロワールからモンサンミッシェルの道中は田園地帯
っていうか、フランスは少し郊外に出たら、ずっと田園地帯だわ!
なんかね、パリとかニースとかのイメージで、
都会っていう感覚があったんだけど
ホントに車窓から見える景色は田園風景ばかり

そのはずで、フランスは農業大国だったのね!


モンサンミッシェルへの道中

P1000290_convert_20110106004326.jpg  P1000291_convert_20110106004433.jpg


モンサンミッシェルの近くでは海岸線が近く、潮が満ちると
牧草地帯が潮をかぶるそうで
そのため、最初から塩気のある牧草(プレサレ(前もって塩気がある))が育つそうです。

で、その牧草地帯で放牧されている頭と足が黒い羊(グレヴィンヌ種)も
肉に薄い塩味がついているそうで、これもプレサレと呼ばれているそうです。

この羊の肉はとっても美味しいそうで
でも、島内に宿泊しないと食べられないって!

幸い、私たちは島内で宿泊なので食べられる
ま、これは夜のお楽しみと言うことで
P1000292_convert_20110106004628.jpg
プレサレの牧草地とプレサレ羊

で、やっとお昼近くになってモンサンミッシェルが見えてきた!

P1000293_convert_20110106004710.jpg

この日は朝から雪みぞれが降ったりやんだり、雨も降ったりやんだり
不安定な天候だったの

でも、近くになってきたら、時々陽も差して

P1000298_convert_20110106004800.jpg
モンサンミッシェルが陽に反射して白く輝いて見えたわ

でも、近くになったらまた曇ってきて

P1000301_convert_20110106004848.jpg


そして、モンサンミッシェルに着いたら、お昼!
雨も降ったりやんだりの繰り返しで
レストランの予約時間まで教会で待つことに!

P1000306_convert_20110106022546.jpg
村の教会 像はジャンヌ・ダルク

で、昼食はモンサンミッシェル名物のプーラールおばさんのオムレツ

P1000307_convert_20110106005055.jpg  P1000309_convert_20110106005142.jpg  P1000310_convert_20110106005221.jpg
オムレツ            ハムの厚切りステーキ   チョコレートケーキ

オムレツは本当にふわふわのムースみたい!
添えられてるクリームソースも泡!!!
口に入れると溶けちゃう

で、このソース、作る人によって硬さが違うみたいで
私のは結構しっかりした泡が立ってたんだけど
他に泡がしっかり立ってないのもあったりして
みんなで、一口!って食べっこしあったの!

泡がしっかり立ってたほうが、なんか、得した気分だった

ハムのステーキはけっこう塩気がきつかったわ
フライドポテトもどっさりで、量がたっくさんなの!!!
私のはこれでも、少なめだった!

チョコレートケーキ、美味しかった!

ロワールの古城ホテルの朝♪

ロワールの古城ホテルでは、とっても素敵な1夜を過ごしたわけですが
翌朝は、8時に出発!

6:00モーニングコール
7:00にトランクをドアの外に出して朝食

っと、朝食の前に、前夜のディナー、前エントリーで1メニューアップ忘れてたので
メインディッシュの後、デザートの前に

P1000266_convert_20101229002258.jpg
3種のチーズの盛り合わせ

左の真ん中に小さな穴の開いたチーズはヤギのチーズ
真ん中の穴は、麦わらを通してあった穴だそうです!

真ん中がアオカビのチーズ、右は確か、カマンベール

ヤギのチーズとアオカビのチーズは初めて食べたけど
結構美味しかったかな
実は、ヤギとかアオカビとかのチーズってにおいが強くてクセがあるって思ってて
でも、思い切って食べたら、そんなに気にならなかったの
ワインとチーズ美味しかったわ~~~~~
ふふ・・・フランスマダムの気分~~~

旅先の食べ物に関しては
私は結構チャレンジャーで、珍しいものもとにかく食べてみる!
だって、もしかして、とても美味しいかも知れないでしょ
食わず嫌いじゃもったいないもん!

朝食は、コールドビュッフェで、

P1000269_convert_20101219022921.jpg
ブリオッシュとチョコデニッシュにジャム、チーズを何種類かとハムも取ったけど
写真撮り忘れてて食べちゃった後
ベリーのヨーグルト、カフェオレ、小さなみかんあとから、オレンジジュースも

で、この、ヨーグルトがでかいの
日本の同じようなのの1.5倍くらいあったよ!

でね、この果物、りんごや洋梨やいろんな果物がそのまま置いてある!
いや、飾りじゃなくって食べる用に!!!
で・・・しょーがないから、小さなみかん・・・
友達はバナナ半分こしてたわ!
分けっこしても良いけど、洋梨とか、切って剥くだけで大変だし

そして、出発!
早めに出て、ホテルの写真とか撮ったんだけど

まだ、暗いうちに出発と言うことで
結局、明るい時間にホテルの全景を見ること叶わず

P1000270_convert_20101229002437.jpg  P1000272_convert_20101229002530.jpg  

P1000275_convert_20101229002642.jpg  P1000279_convert_20101229002740.jpg
霧もすごくて、フラッシュたいて撮ったら、左の二枚みたいに霧の粒が丸く写るの!
で、一緒に撮ってた同じツアーの人とあーだこーだしてて
フラッシュなしだと大丈夫ってことに気づいて

でも、暗いからこんな感じ

P1000281_convert_20101229002821.jpg  P1000284_convert_20101229002904.jpg  P1000287_convert_20101229003008.jpg  
私たちのツアーバスも   ホテルの別館

P1000288_convert_20101229003109.jpg                         
マダム5人 あんまり顔分かんないから良いよね!
左から リツ、ナオ、ミワ、ニワさん、ミリ

で、暗くてあんまりだから、ホテルのパンフレットのスキャン

img280.jpg  img281.jpg

明るいと、こんなに白くてきれいなのね~~~~~

さて、次は、モンサンミッシェルへ

ロワールの古城ホテル♪

2日目の泊まりは、ロワールの古城ホテル
「CHATEAU HOTEL DE ROCHECOTTE」(シャトーホテル ド ロシュコット)

着いたときはもう、暗くなってて
でも、とっても素敵な雰囲気のお城

通されたお部屋も、まるでプリンセスのお部屋

P1000255_convert_20101217002745.jpg  P1000256_convert_20101217002933.jpg  P1000257_convert_20101217003343.jpg
机とサイドボード       窓際の椅子とテーブル   ベッド

P1000258_convert_20101217003445.jpg  P1000260_convert_20101219021641.jpg  
壁の絵  
              
P1000253_convert_20101217002554.jpg  P1000254_convert_20101220003548.jpg  
窓の外にはホテルの正面にあったシンボルのような大きな木がすぐ前に見えた!


私たちは2人部屋だったので一部屋だったけど
3人の方は大きな部屋が2部屋あって、ツインが二つで4人用のお部屋で
私らの部屋より、調度も豪華だったよ~~~~~!


夕食のレストランも白い素敵なお部屋で、
真ん中には胡蝶蘭のオブジェが豪華に飾ってあったの

P1000263_convert_20101220004208.jpg
私たちのテーブル

P1000264_convert_20101219022052.jpg  P1000265_convert_20101219022200.jpg    
アボガドのテリーヌ    鴨のロースト野菜の春巻き添え

P1000266_convert_20101229002258.jpg   P1000267_convert_20101219022454.jpg 
3種のチーズの盛り合わせ  洋梨入りショコラムース

この日はちょっぴりおしゃれに、グラスの白ワインを

紅茶も頼んだけど、紅茶とグラスワイン、同じくらいの値段か、ワインのが安いの!!!
さすが、フランス

とっても美味しかったわ~~~~~

チーズは
左の真ん中に小さな穴の開いたチーズはヤギのチーズ
真ん中の穴は、麦わらを通してあった穴だそうです!

真ん中がアオカビのチーズ、右は確か、カマンベール

ヤギのチーズとアオカビのチーズは初めて食べたけど
結構美味しかったかな
実は、ヤギとかアオカビとかのチーズってにおいが強くてクセがあるって思ってて
でも、思い切って食べたら、そんなに気にならなかったの
ワインとチーズ美味しかったわ~~~~~
ふふ・・・フランスマダムの気分~~~
(忘れてて後から挿入、なので、次エントリーにも同じチーズの記事を乗せてます)


で、デザートのショコラムース
このホテルの名物だそうで、添乗員さんによると
美味しいけど、甘いから、添乗員さんは完食したことが無いそうで

え?私?

もちろん、お料理もデザートもすべて完食ですわ
ムースの中の洋梨のコンポートがあんまり甘くなくて、美味しかったもん

食後に「五藤さん(添乗員さん)、完食!コンプリート」って
報告したわ~~~~~


あ、デザートに添えられてるものは、フルーツほおずきだそうで
実の部分を食べるんだけど
甘酸っぱくて、結構美味しかったの
でも、日本でほおずきって言うと、苦いイメージだから、不思議な感じだったわ

お城でお食事
雰囲気もお料理も大満足な夜でした!!!

シュノンソー城 2

シュノンソー城の台所
パンを焼く石釜や、食器棚、お鍋がかなり大きな部屋、いくつかに!

P1000238_convert_20101211231332.jpg  P1000240_convert_20101211231424.jpg  P1000243_convert_20101211231559.jpg
たぶん、調理室        食器棚             炉と石釜

P1000244_convert_20101211231709.jpg  P1000245_convert_20101211231841.jpg  P1000246_convert_20101211232005.jpg  
お野菜が置いてあった                     壁一面のお鍋


お鍋、フライパンなどの調理器具はすべて銅製!
熱伝導率などが良く、銅は調理器具に最適
昔からの知恵で、使っていたのね!


シュノンソー城では、最初、説明を聞きながらお城を見学して
その後はしばらく自由行動だったわ!

見たいお部屋に行ったり、お土産買ったりして
この、台所も、自由見学の時間に見に行ったの!

大きな炉は、煙突があって、その下に大きなお鍋がぶら下がってて
ついつい、3匹のこぶたの“狼が落っこちて来たの図”を
想像してしまった

その隣にあった石釜!

こういう物って、最先端の電気やガスの釜より
きっと、素敵に味美しいパンが焼けるんじゃないかって思ってしまう!

でも、扱うのは難しいんだろうな~~~~~!
私らが焼いたら、生焼けとか焦げちゃうとか・・・

P1000249_convert_20101211232107.jpg  P1000251_convert_20101211232213.jpg
帰るときに撮った、入口・出口の方向から見たお城


この後は、ロワールの古城ホテルへ
このホテルがとっても素敵だったの

それはまた次回に

プロフィール
子育ても終盤の主婦です! 新婚旅行以来の海外旅行♪ ぼちぼち綴っていきます。

ナオ

Author:ナオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
アマゾン
お買い物はこちらからどうぞ♪
最新コメント
今までのお客様♪
現在のお客様♪
現在の閲覧者数:
ランキングリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。